キャビテーションは意味ないの?効果は嘘で本当は痩せない?

大前提として、キャビテーションは痛みやダウンタイムがなくリバウンドしにくい特徴を持っている、非常に優れた痩身マシンです。

特に部分痩せに関しては、日本のエステ業界で使用されているあらゆる美容機器の中でも、群を抜いた効果と実績を誇っています。

ではそれを踏まえた上で、

  • 全くといっていいほど痩せない・効果ない
  • 一時的に痩せれがリバウンドですぐに元に戻った
  • キャビテーションをする前より逆に太った

痩せた人に比べたら数は少ないですが、このような口コミをちらほら見かけることも事実です。

ではなぜキャビテーションを受けたにも関わらず変化なしで痩せなかった、もしくは逆効果で太ってしまったという人がいるのかこのページで解説していきます。

キャビテーションによって痩せるメカニズムを簡単に解説!

そもそもキャビテーションは、サイズダウンさせたい箇所に超音波を当て、脂肪細胞を乳化させることで細くするという痩身機器です。

そのようにして厚くなった脂肪を落とし、またガチガチに硬い脂肪やセルライトを分解させていきます。

ですがここでみなさんに理解していただきたいのが、あくまでもキャビテーションができることは脂肪を破壊・乳化させることまでということ。

つまり乳化させた脂肪をリンパを伝って肝臓で処理し、体外へ排出することまではキャビテーションではできません。

そして1回の施術によってリンパで流せる量や、肝臓で処理できる量というのは限界があります。

さらに言うと、キャビテーションによって乳化された脂肪細胞は、施術後3~4日は乳化状態を維持しますが、時間経過と共にまた元に戻るのです。

じゃあ施術を受ける意味ないないんじゃないの?

上の解説を読んだ人は、「脂肪を乳化させても数日で元に戻るなら意味ないのでは?」、「それは結局リバウンドしてるってことじゃないの?」、という疑問を持つかと思いますがそれは違います。

3~4日の間で乳化され排泄されているわけですから、元に戻ったとしても以前よりは確実に脂肪細胞の数は減っているのです。

分かりやすく画像で解説すると、以下のようになります。

つまりキャビテーションによって脂肪細胞の数を減らすことが重要であり、これを繰り返すことによって、コンプレックスを持っている箇所の部分痩せが可能になるのです。

痩せない・効果がない人は何が原因なのか?

キャビテーションの痩身メカニズムについて上で解説したように、やはりキャビテーションは自分の体型に悩みを持つ多くの女性にとって、嬉しい効果を発揮してくれるマシンなのは間違いありません。

それなのになぜキャビテーションで「痩せない」、「変化ない」、「元に戻った」、「太った」などのようなことが起こるのか?

もちろん個人差もあるとは思いますが、この点に関しての原因を以下で紹介していきます。

施術直後の食事に気を付けなかった

「食事」のページで詳しく解説していますが、キャビテーションでケアした後は脂肪細胞が破壊され、体脂肪が急激に落ちている状態です。

特にエステサロンでの施術直後は、栄養を吸収しようと体内が餓鬼状態のようになっています。

ここでカロリーの高い食べ物をお腹いっぱい食べてしまうと、体はたっぷりと栄養を吸収してしまうので、痩せるどころか前よりも太る可能性は十分考えられます。

キャビテーションコースの施術は激しい運動をするのと同じようなものなので、汗もたっぷりかきますし空腹間が出るのも分かります。

ですが痩せるという目標を達成するためにエステに行っている訳なので、やはり食事には注意すべきでしょう。

サロン側からの食事指導もあると思いますが、特に施術後2時間以内は我慢して何も食べないように心がけて下さい。

自宅での運動を怠ってしまった

「キャビテーションは嘘!全然痩せない!」といっている方に多いのが、サロンに任せきりで全く運動していないケースです。

先述していますが、キャビテーションで実現できることは脂肪細胞を刺激して乳化した状態を作るところまでです。

つまり気になる箇所の贅肉をしっかりと落としたいなら、乳化した脂肪をリンパに流して外へ排出しないといけません。

なので施術後にしっかりとマッサージをしたり、運動することは必須条件となります。

特に自宅でのリンパマッサージを怠ってしまうと、施術自体がほとんど意味のないものとなってしまう可能性があります。

キャビテーションを受けると分かりますが、それまでは硬かった部位が嘘のように柔らかくなりますので、それで満足したり油断してその後のケアをサボってしまう方も少なくありません。

しかしそこからが本当の勝負になり、乳化状態から元に戻る数日間で、脂肪をどれぐらい外へ排出できるか重要なのです。

なので自身が想像してるよりもシビアに考え、マッサージや運動によるケアを行って下さい。

大量のセルライトや脂肪の付きすぎ

あまりにも体脂肪が高かったり、細くしたい箇所がセルライトで覆われてしまっている場合だと、なかなか効果を実感できないこともあるかと思います。

このようにサロンに足を運ぶ前の状態によっては、数回の施術を受けた程度では何の変化もなしで、回数と時間を重ねないといけないケースもあります。

その過程の途中段階で、キャビテーションは効果なしと判断してしまう可能性はありそうです。

上でも書いていますが、1度のケアで排出できる脂肪・老廃物の量には限界がありますし、無理をすると肝臓に多大な負担を与えかねません。

さらに広範囲に渡ってセルライトがある場合、段階的に柔らかくしていきながら体外へ排出するしかないので、短期的な結果だけでキャビテーションの効果は嘘などの判断は早計です。

冷え性などで極端に代謝が悪い方

代謝が悪いと脂肪が燃焼するのも時間がかかりますし、血流やリンパの流れも滞りがちなのでスムーズな排泄も困難です。

日常から慢性的な冷え性の方は、キャビテーションに限らず他の痩身マシンでも通常より結果が出にくいのは事実です。

こういう方は、エステティシャンからアドバイスを受けながら体質改善していき、巡りを良くさせることで冷え性を解消する必要があるでしょう。

なのである程度の時間がかかることは仕方なく、キャビテーションを数回受けただけで「思ったより痩せなかった」というのは違います。

十分なマッサージが付いていないコースを受けてしまった

繰り返しになりますが、何よりも大事なのはキャビテーションで乳化させた脂肪を3~4日かけて外へ流し出すことで、一番のゴールデンタイムは施術直後です。

どのエステでも、キャビテーションの後にハンドマッサージなどリンパや血行を促すメニューを採用していると思いますが、付いていなかったり内容が十分ではないこともあるかもしれません。

なので自分が思っていたよりも痩せないと感じている方は、もう一度自分が通っている、または過去に体験したエステのコースメニューを確認して下さい。

そもそも体重を減らしたり全身痩せには向いていない

根本的なことですがキャビテーションは、1箇所~多くても3箇所程度を集中的にケアしていくマシンです。

ですのでそもそも全身痩せを目指したり、体重を落とす目的には向いていません。

時間とお金をかけて施術を受けていけば可能だと思いますが、だとしたらキャビテーションよりもエンダモロジーのようなマシンを選ぶ方が、効率的に痩せられるでしょう。

施術が下手なエステティシャンに担当された

長年業界に在籍している熟練のエステティシャンと、未熟な新人エステティシャンとでは施術のレベルに明らかな差があります。

どのエステティシャンに担当してもらえるかは運もありますけど、本格的に申し込むまではできるだけ多くのサロンに足を運ぶこと。

そしてまずは低価格のお試し体験を受けることで、店とそのスタッフを見極めるのが良いでしょう。

また大手など知名度の高いサロンでは、定期的に講習会が行われていたりスタッフの教育にも力を入れていますので、小規模な個人サロンよりは当たり外れが少ない印象です。

セルフエステ

最近ではエステティシャンから施術されるのではなく、自分自身でマシンを操ってケアしていく「セルフエステ」という形態をとっているサロンも存在します。

エステサロンで数十回の本格的なコースを組むと、どうしてもまとまった費用が必要ですが、このセルフエステであれば人件費などのコストを抑え、その分格安の料金で利用できるのが最大のメリットです。

ただし素人がマシンを上手に操って、効率的にケアができるかといえばこれは難しいでしょう。

当然ですが、経験と知識を併せ持つプロのエステティシャンとでは、その効果には天と地ほどの差が出ることは必然です。

ページの先頭へ